読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばけもの

私は実年齢よりも若く見られる。

幼い頃は老けて見られたのだが、25才を過ぎたあたりから逆転した。同時に周囲から美人だといわれるようになった。自分ではさほど思わないが、言われた言葉はありがたく頂戴した。謙遜をし過ぎるのも相手に失礼だから。

 

しかし、母は容赦がない。

「あんだ、ばけものだな」

「はあ?」

「その歳で、全然皺が無い」

「最近、目の下に出てきたよ」

「でも全然目立たない」

「まあねー」

 

そうなのだ。実年齢よりも私は少し加齢が遅いようなのである。でも、遅かれ早かれなので、誇れることでもない。

しかし、ばけものって。正直すぎるだろう。我が母の言葉は一味違う。