読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もやし炒め

私は仕事上の付き合い、つまり飲み会が多い。お酒も好きなので、基本的には断らない。

夕べも飲んで帰った。

「お腹すいたよー」

宴会のコース料理はきちんと食べるが、居酒屋ではそんなにがつがつ食べるわけにもいかず、大体お腹がすいたまま帰ることになる。

「もやし炒め作ってあげようか?」

「食べるー」

あっという間にキャベツともやしを炒め、別のフライパンで作った半熟目玉焼きをのせたものがあらわれた。

「味付けは?ソース?」

「醤油がいいな」

「変なの」

といいつつも醤油をひとまわしかけて完成。黄身をくずして絡めながらいただく。

「美味しい」

自分で作らなくても美味しいものが食べられるありがたさよ。

 

たぶん、bungoくんは人に気を使うのが性分なんだろう。

私は細かいことはあまり気にせず、物事をどんどん進めることが好きなのだ。

この正反対な組み合わせだから、何とかやれているんだよね、と思いつつ。もやし炒めを完食する深夜である。